昨日は、長崎まで遠征されたみなさま、お疲れ様でした。スカパー!はもちろん、docomoメイルを見る環境にいないので、試合内容はスコア表でしか想像出来ません。

止まない雨はない。
明けない夜はない。

信じて前を向くしかないですよね。

さて。

ワタシの昨日は、朝から “カンポディ・フィオーリ市場” へ買い出しから始まりました。

7時半。市場が始動する頃に合わせて訪れると、カメラ片手の観光客と地元民の買い物客が半々ってとだったかな。

見学しながら、お買い物も出来る欲張りなプチ生活者になれたワタクシ。

image

戦利品。

ローマでは、スーパーマーケットや食品店もですが、価格表示は『/Kg』が多い。

キロ単位で一桁ユーロだったりすると、グラム単位でリクエストするには勇気が要ります。

と言いながら、山積みの食材を指さして、『One』と、動じず、かつ笑顔で要求してますが

image

カンポディ・フィオーリ市場に面した評判のパン屋さんで購入。ピスタチオ入りブレッド。

6畳くらいのキッチンが一日中、このパンの香りに包まれました。微香性レベルですよ。

image

本日は、軽く教会見学と午後にはボルゲーゼ美術館を予定しました。

教会は徒歩 5〜6分の範囲ですが、その始めの一歩で「アレ?」です。

サンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会の扉が開いている

し、しかも、写真オッケー。

前回、足掛け18年にしてやっと、開かれた扉の中に入れたのですが、“NO FOTO !!” の張り紙が掲示されていて、ジクジたるものをぐっと飲み込んだ記憶があります。

なのに再訪では、せめて肉眼に納めるつもりではいったら、“NO FOTO con FLASH !!” と書いてあるじゃありませんか

確か、“con” だったと思うけど、レストランメニューにも「何とか焼き con バルサミコ酢ソース」とか書いてあったので、たぶん、with とか by の意味だと理解してます。

で。
image

ラファエロ作品。

撮りまくりです

目的の教会見学を終えるタイミングで、「ぅ」、出るかも事態。

こういう時、数分で家に戻れるのはとっても、便利です

ついでに、自宅ランチ。

昼にしっかりしたものをいただき、夜の自炊は軽いものをというパターンを理想としていましたが、午前中から気温上昇が著しく、ガッツリは厳しい。

今朝買って冷やしてある果物を主食です

image

パンテオン前を横切る頃は13時を回ってましたが、見上げた太陽が真上にある気がして、ちょこっと覗いてみました。

天井の丸窓から差し込む光が垂直にドーム中央に落ちる光景が見たかった。

やや、角度ついちゃったかもですが、狙って待ち構えていたわけじゃない、さりげない偶然が、ローマにプチ住んでる感です

image

ボルゲーゼ美術館って、いつから写真オッケーになったのでしょう?

ていうか、いいときとダメなときが、しょっちゅう変わっているみたいな、曖昧というか緩いというか、本日は緩かった

もちろん、歩く撮影マシン化しましたよ。

その中で、「そっか」の一枚。

カラバッジオのフルーツバスケット。

カゴの中身を改めてマジマジみると、「季節はまさに今なんだ」ってことに気がつきました。

今朝の買い物とおんなじじゃん

image

ボルゲーゼ美術館を5時に出ると、まだ全然明るいし、本来なら、トレヴィくらい寄り道するかと思いつくところ、「やっぱ、帰ろう。無理は禁物!」と自主規制。

しかし、アパートメントまであと1分が、どうしても休みたくなるナヴォーナ広場です。

本日のジェラートは、バナナとオレンジ。

冷気注入するだけで幾分、足取りが軽くなるから不思議。

image

もはや、ライス入りホールトマトは定番ですが、明日(8/2の日曜)は、下の食品店は定休日なので、今宵が食べ納め。

image

暑さ対策でやたら、リコピン、リコピンのトマトに加えて、今宵もタウリン! やわらかく、程よい酸味が、きっと、明日も乗り切れると暗示たい。

image

ローマできんぴらを食べるとは

インゲンとジャガイモのきんぴらです

みりんはなくともハチミツでテカリも出て、自画自賛の美味

観光や見学をしていると、ニンニク+ニラの塊臭やキムチ臭のグループと遭遇します。若い人々はそうでもないのですが、中年以上に目立つお国臭って、あるみたい。

明日は、ワタシも醤油あまじょっぱ系臭の日本代表になるね

という 8/2 本日は、朝イチでフォロロマーノ見学です