Lee Suites Orient, Bund Shanghai (上海東方商旅酒店)

ホテル検索サイトでは、上海市内のホテルの “おすすめ” や “人気” ランキングでも10位前後にランキングされている評価の良いホテルです。

その割りに料金は、一人旅のワタシにも手が届く設定もあり、特にその『デラックスルーム』はバスタブに浸かりながら The Bund (外たん) 風景を眺められる垂涎ものな部屋です。幸運にも、そのデラックスルームが限定料金で予約出来たのでした。

image

image


お出迎えは、クラシックなピアノ。

チェックインカウンターの担当者たちは皆、ダークスーツの男性陣で、とても礼儀正しく、予め送られている検索サイトの申込書に記された小さな要望にも承諾していることを示す親切な対応。何よりも、聞き取りやすいキレイな英語。

image

image

image

館内はダウン照明で、アーティスティックなデザインが点在するるインテリア。多分、ブティックホテルの部類になるのかな。

image

ホテルマンと一緒に入室し、正面の窓の景色に「わー」と感嘆の声が上がってしまいました。

image

サイドの窓からは正に、阻界の建物が並んでいる❗

image

待てよ、待て。

バスルームに踏み入れる前に、バーコーナー。
ANAでいただいたシャンパンと赤ワイン、実は半分残して持参しました。

image

引き出しには、illyのエスプレッソが。
残念ながら、エスプレッソマシンには綿埃がまとわりついていて、使用は断念。

ワイングラスとかピカピカだったので、エスプレッソマシンだけは歴代宿泊者に利用されていなかったのかもしれない。減点対象として騒ぎ立てるほどのことではないです。

image

テーブルにはフルーツ。

image

いよいよ、バスルーム。
先ずは、トイレと洗面台。◎ です❗

image

トイレの棚に置かれた小箱には、予備のトイレットペーパーが入っています。一泊だけなのに、この細やかな配慮には感激ものです

image

そして、これがバスタブ。
「看板に偽りなし」とは、このことですよ。

本当の窓からは、ホテルに並ぶ阻界ビル群。

洗面台の横に長い大きな鏡が映し出すのは、黄浦江を挟んで浦東新区に建ち並ぶ高層ビル群。

絶妙な角度の角部屋だけが望むことの出来る two dimensions

image

バスタブの並びには独立したシャワーブース。

image

これは、要らないかも

image

おぉ。肉厚なバスローブ❗

タオルもみな、肉厚で心地ヨカッタ。

image

同行の友にも、この景色だけは一目、見せてあげたい。

image

そろそろ、午後も3時近くになり、上海初日第1弾の観光に繰り出しましょう。

友達は束の間のお留守番です